勃起不全EDでお悩みの方へ

バルデナフィル「ビリトラ」

 

バルデナフィル「ビリトラ」

商品詳細

ビリトラは、Centurion Laboratories社が開発したED治療薬レビトラのジェネリック医薬品です。 ビリトラは、勃起不全や早漏防止に対して実効性のある医薬品で、水に溶けやすい性質があるため、ED治療薬としては最も即効性があると言われています。 個人差や体調にもよりますが、服用後15分から30分で勃起への効果が現れます。 主成分は塩酸バルデナフィルという物質で、ペニスの勃起力を持続するために、ペニスへ流れる血流を増加させる働きがあります。 バイアグラよりも効果効用が長いと好評もあり、持続力は個人差ももありますが約5時間程度とのことです。 また、食事の影響されにくい勃起薬ともされているので、安定した効果効能が得られるはずです。副作用が比較的に少ないということもビリトラが人気の理由の1つです。 食事だけでなくアルコールの影響も少ないという長所がある為、使い勝手が良い上に、勃起効果も十分に期待できると言われています。

 

使用方法、服用方法

ビリトラの服用方法は、基本的にはレビトラと同様で、食事の影響は受けにくいとされていますが、空腹時に服用するのが効果的で、食前の30分前くらいの服用がお勧めです。服用する際には、基本的に水やぬるま湯で飲みましょう。 ・ビリトラを服用してからの勃起力持続時間は目安として約5時間~8時間程とされています。 1回の使用量は1錠20gmまでにしましょう。

 

注意事項、副作用

頭痛、めまい、鼻づまり、下痢、胸焼け等の副作用があらわれる場合がございます。 心不全のお薬を使用している方は血圧が急激に下がる場合がございますのでご注意下さい。これらの副作用は一時的なものですので、ほとんどの場合は時間の経過ともに治まってきます。万が一心配な場合は医師に相談するようにしましょう。性的な興奮を得ている前提で勃起力が回復するお薬ですので、性的興奮を根本的に回復させる効果はありません。 グレープフルーツと一緒に服用したり、グレープフルーツジュースで服用することは危険ですので、おやめください。塩酸バルデナフィル成分にアレルギーがある方は使用を控えてください。 他の薬を服用中の方は併用禁忌薬に該当する恐れがありますので、かかりつけの医師に確認してください。

 

併用注意・禁忌

硝酸剤あるいは一酸化窒素供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アルミ、硝酸イソソルビドなど)を服薬している方は間違ってもタダラフィルと併用しないようにして下さい。硝酸剤は心不全や狭心症の治療に使われており、タダラフィルと併用して服用すると急性的な血圧の低下が起きるため非常に危険です。なお、硝酸剤の形状は色々で、スプレー、注射、貼り薬などの形式で処方されている場合があります。経口服用タイプ以外の場合でも併用しないように注意して下さい。他にも、過敏症の方、心血管系障害等により性行為そのものが不適切と考えられる方、低血圧(90/50mmHg以下)の方、高血圧(170/100mmHg以上)の方、最近半年以内に心筋梗塞・脳梗塞・脳出血を経験した方はタダラフィルの服用は危険です。これらに該当しない場合でも、心臓病がある方、性行為自体が心臓や脳血管などに負担が掛かり易い方は服用前に必ず医者へ相談するように気を付けてください。

 

EDについて →(バイエルBAYER)
EDについて→(東洋経済)
EDについて→(ウィキペディア)
ED海外通販→(お薬レスキュー119)

 

PAGETOP