勃起不全EDでお悩みの方へ

バルデナフィル(Vardenafil)について

  • HOME »
  • バルデナフィル(Vardenafil)について

 

バルデナフィル(Vardenafil)とは

 

バルデナフィル(Vardenafil)はED治療薬としてシルデナフィル(バイアグラ)の次に誕生した成分です。ドイツのバイエル薬品という製薬会社がシアリスという商品を製造販売しています。
日本ではバイアグラの発売が開始された翌々年の2001年12月に厚労省に承認申請を行い、2004年4月に製造販売が許可されました。そして、2004年6月に[5mg]と[10mg]のレビトラの発売が開始され、[20mg]に関しては遅れること2007年7月に発売されました。
バルデナフィル塩酸塩水和物は、白色~若干黄色がかった結晶性の粉末で、エタノール(99.5)又は水にやや溶けやすい性質を持っています。この水に溶けやすい性質はバイアグラやシアリスにはないレビトラ独特のものです。そのため、最高血中濃度に達する時間も0.7~0.9時間(42分~54分)と、ED薬3剤の中で一番早くなっております。
例を挙げると、「レビトラ20mg」とは有効成分としてバルデナフィル塩酸塩水和物23.705mgうちバルデナフィルとして20mg含有しているという意味です。

 

 

バルデナフィル(Vardenafil)の効果

陰茎海綿体に存在し勃起を阻害するPDE5(ホスホジエステラーゼ5)という酵素を選択的に阻害し、陰茎の動脈および海綿体にある平滑筋肉の環状グアノシン一リン酸(cGMP)を増加させる作用があります。
この作用により血管が拡張され、血流量が増えることで陰茎組織への血流も増加し、勃起不全を解消します。常に陰茎が勃起した状態では不都合なので、人間の体内には勃起を抑制する酵素があります。しかし、この酵素が優勢なままだと勃起不全になってしまいます。バルデナフィル(Vardenafil)は、この勃起抑制酵素の働きを妨げることで勃起を促進。この際、性的興奮を脳が感じて陰茎に指令を出さない限り勃起には至りません。バルデナフィル(Vardenafil)を服用したからといってずっと勃起したままにはなりませんのでご心配は不要です。簡単に言いますと、勃起の邪魔となる悪い酵素をやっつけるというイメージです。バルデナフィル(Vardenafil)は服用すれば性的刺激、性的興奮をもたらすお薬ではありません。あくまでも、性的刺激、性的興奮をうけて勃起を促す補助薬にすぎない点は是非とも理解しておいてください。

 

 

バルデナフィル(Vardenafil)の服用の注意

  • 性行為の1時間前に基本的には水で服用しましょう。水がない場合には清涼飲料水、お茶やアルコールでも問題はありません。脂肪分の多い牛乳等は避けましょう。
    空腹時であれば15分程度で効果が現れ始めます。
  • 作用時間は服用してから4~5時間程度です。(体調や服用量の影響を受けます)
  • 1日の服用は1回とし、服用間隔は24時間以上にしましょう。
  • 硝酸剤やHIV治療薬、抗真菌薬、抗不整脈薬を服用している方にも処方できません。
  • 性的興奮作用や性欲増進作用はございません。性的欲求があった上で性的刺激がなければ勃起はしませんのでご注意が必要です。
  • 成分の構造上、シルデナフィルよりも体への吸収が早い分、食事の影響を受けにくいことは確かですが、受けにくいというだけで食事の影響はあります。食事と一緒に服用すると空腹時に比べて効果の発現時間が遅れたり、効果自体も半減したりすることがありますので、出来るだけ空腹時に服用しましょう。
  • お酒との併用についてですが、ほどよい飲酒でしたらアルコール自体にリラックス作用がありますので、バルデナフィル(Vardenafil)の効果を引き出すことに問題はありません。
    しかし、ある一定以上お酒を飲みすぎてしまうと完全に逆効果になりますので、飲みすぎにはくれぐれもご注意しましょう。

 

バルデナフィル(Vardenafil)の副作用

・頭痛
・顔のほてり
・動悸
・頻脈
・紅潮
・充血
・鼻づまり
といったEDの治療薬ならではの副作用があります。ただし、これらの症状は薬の効果の発現のシグナルとも言えますので、過渡な心配は不要です。また、男性のED治療薬ですので、女性の服用はお控えください。 高温、湿気の多い場所での保管は避け、お子様の手の届かない場所に保へ管してください。

 

 

バルデナフィル(Vardenafil)の併用禁忌

バルデナフィル(Vardenafil)を服用するに当たって、下記のいずれかの症状に該当する場合はご使用いただけません。
・硝酸剤あるいは一酸化窒素供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アルミ、硝酸イソソルビドなど)を服用している方。
・過敏症の方、心血管系障害等により、性行為自体が不適切と見なされる方。
・最近6ヶ月以内に心筋梗塞、脳梗塞、脳出血を経験した方。
・低血圧(90/50mmHg以下)の方。高血圧(170/100mmHg以上)の方。
・重度の肝障害(肝硬変)の方。
・網膜色素変性症(進行性の夜盲)の方。

 

EDについて →(バイエルBAYER)
EDについて→(東洋経済)
EDについて→(ウィキペディア)
ED海外通販→(お薬レスキュー119)

 

 

PAGETOP