勃起不全EDでお悩みの方へ

タダラフィル「シアリス」

タダラフィル「シアリス」

 

商品詳細

シアリスはバイアグラと同じ様に、勃起不全などのEDの治療薬として利用される医薬品です。 シアリスの主成分はタダラフィルといい、その主成分はバイアグラとは類似しているのが特殊的です。 しかし、シアリスはバイアグラとは異なり、その作用に大きな違いもあります。 シアリスはバイアグラのように服用後4時間程度で効き目が失せず、服用後36時間程度までその効果と有効性が認められている医薬品です。効果が見られる時間については個人差があります。 食事の影響を受けにくい医薬品ですが、空腹時のほうがより即効性が向上します。 持続時間が長いタイプなので、性行為の直前に服用しなければならないというプレッシャーが無く、より気長な治療を目的とする人に向いている勃起不全治療薬です。

 

使用方法、服用方法

シアリスの服用は、性行為を予定する時間の3時間から4時間前に、出来る限り空腹の状態で服用するようにしましょう。 またその服用量により、効果が現れる時間に差があるのも、この薬の特徴だと言えます。 その量による作用の違いは、10mgで20時間から24時間程度、20mgで36時間程度の効果が持続します。 またこの薬の吸収の度合いも個人ごとに差があり、2時間から4時間までの開きがあります。 この医薬品で勃起の効き目を引き立てるには、性的刺激や性的興奮がなければ勃起症状に陥らないのも、この医薬品の特徴だと言えます。 効果が出るのが遅いからと言って1日に複数錠を服用することは止めましょう。

 

注意事項、副作用

頭痛、めまい、鼻づまり、下痢、胸焼け等の副作用があらわれる場合がございます。 心不全のお薬を使用している方は血圧が急激に下がる場合がございますのでご注意下さい。これらの副作用は一時的なものですので、ほとんどの場合は時間の経過ともに治まってきます。万が一心配な場合は医師に相談するようにしましょう。性的な興奮を得ている前提で勃起力が回復するお薬ですので、性的興奮を根本的に回復させる効果はありません。 タダラフィル成分にアレルギーがある方は使用を控えてください。 他の薬を服用中の方は併用禁忌薬に該当する恐れがありますので、かかりつけの医師に確認してください。

 

併用注意・禁忌

硝酸剤あるいは一酸化窒素供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アルミ、硝酸イソソルビドなど)を服薬している方は間違ってもタダラフィルと併用しないようにして下さい。硝酸剤は心不全や狭心症の治療に使われており、タダラフィルと併用して服用すると急性的な血圧の低下が起きるため非常に危険です。なお、硝酸剤の形状は色々で、スプレー、注射、貼り薬などの形式で処方されている場合があります。経口服用タイプ以外の場合でも併用しないように注意して下さい。他にも、過敏症の方、心血管系障害等により性行為そのものが不適切と考えられる方、低血圧(90/50mmHg以下)の方、高血圧(170/100mmHg以上)の方、最近半年以内に心筋梗塞・脳梗塞・脳出血を経験した方はタダラフィルの服用は危険です。これらに該当しない場合でも、心臓病がある方、性行為自体が心臓や脳血管などに負担が掛かり易い方は服用前に必ず医者へ相談するように気を付けてください。

 

EDについて →(バイエルBAYER)
EDについて→(東洋経済)
EDについて→(ウィキペディア)
ED海外通販→(お薬レスキュー119)

 

PAGETOP