勃起不全EDでお悩みの方へ

タダラフィル(Tadalafil)について

  • HOME »
  • タダラフィル(Tadalafil)について

タダラフィル(Tadalafil)とは

 

タダラフィル(Tadalafil)は、長時間型のホスホジエステラーゼ5阻害剤であり、日本での適応は、勃起不全 (ED) 、肺動脈性肺高血圧症、前立腺肥大の排尿障害となっています。商品名はシアリス、アドシルカ、ザルティア等。タダラフィル(Tadalafil)は白色の粉末で水に溶けない特性を持っています。服用後の最高血中濃度到達時間が30分~4時間と人によっても大きな個人差があります。先行する同効薬シルデナフィル(バイアグラ)、バルデナフィル(レビトラ)など、他のED治療薬と異なり、翌日にも作用が持ち越す長時間持続型であり、食事の作用を受けにくい点が特徴的。また、金曜日の夜に服用すれば日曜日の昼間まで長時間作用することから「ウィークエンドピル」とも呼ばれています。タダラフィル(Tadalafil)の国際誕生は2002年10月で、世界100ヵ国以上で1,000万人以上のED患者さんに愛用されています。2013年8月にはED治療薬のシアリスとして、世界中でのシェアが40%以上となり世界市場で堂々の第一位にもなっています。日本では2007年7月31日にシアリス[5mg] [10mg] [20mg]の3種類の規格で製造販売承認を取得しています。

 

 

タダラフィル(Tadalafil)効果・効能

シアリスは投与後、10mgで20~24時間、20mgで30~36時間にわたり性的刺激に応じてのみ勃起機能を改善する効果が認められており、食事の影響も受けにくいとされています。そのため、服用時のタイミングや薬効が切れる前に性行為を終わらせなければいけないといった心配を大きく軽減することが期待されます。シアリスの登場により、焦りやプレッシャーを感じることなく、EDに罹患する前のような自然体で受けられるED治療が可能になりました。

 

 

タダラフィル(Tadalafil)服用の注意点

  • 性行為の2~3時間前に基本的には水で服用しましょう。水がない場合には清涼飲料水、お茶やアルコールでも問題はありません。脂肪分の多い牛乳等は避けましょう。
  • 作用時間は服用してから10mgで20~24時間、20mgで最大36時間位は作用します。
  • 1日の服用は1回とし、服用間隔は24~36時間以上にしましょう。
  • 硝酸剤(ニトロ製剤)やβ遮断薬の一部、緑内障の治療薬の一部を服用している方は使用できません。
  • 性的興奮作用や性欲増進作用はございません。性的欲求があった上で性的刺激がなければ勃起はしませんのでご注意が必要です。
  • タダラフィル(Tadalafil)は食事の影響を受けないと言われておりますが、そんなことはありません。シルデナフィルに比べると影響は少ないと言えますが、やはり食事と一緒に服用すると空腹時に比べて効果の発現時間が遅れたり、効果自体も半減したりすることがございますので、なるべく空腹時に服用することをお勧めします。
  • お酒との併用についてですが、ほどよい飲酒でしたらアルコール自体にリラックス作用がありますので、タダラフィル(Tadalafil)の効果作用に特に問題はありません。
    しかし、ある一定以上お酒を飲みすぎてしまうと効果が発現しにくくなりますので、飲みすぎにはくれぐれもご注意しましょう

 

 

タダラフィル(Tadalafil)の副作用について

・頭痛
・顔のほてり
・動悸
・頻脈
・紅潮
・充血
・鼻づまり
といったEDの治療薬ならではの副作用があります。ただし、他のED治療薬に比べると、成分効用の特色により、比較的に副作用は軽度だと言われています。これらの副作用は薬の効き始めのシグナルとも言えますので、過渡な心配は必要ありません。 男性のED治療薬ですので、女性の服用はお控えください。 高温、湿気の多い場所での保管は避け、お子様の手の届かない場所に保へ管してください。

 

 

タダラフィル(Tadalafil)の併用禁忌薬について

タダラフィル(Tadalafil)を服用するに当たって、下記のいずれかの症状に該当する場合はご使用いただけません。
・硝酸剤あるいは一酸化窒素供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アルミ、硝酸イソソルビドなど)を服用している方。
・過敏症の方、心血管系障害等により、性行為自体が不適切と見なされる方。
・最近6ヶ月以内に心筋梗塞、脳梗塞、脳出血を経験した方。
・低血圧(90/50mmHg以下)の方。高血圧(170/100mmHg以上)の方。
・重度の肝障害(肝硬変)の方。
・網膜色素変性症(進行性の夜盲)の方。

 

 

EDについて →(バイエルBAYER)
EDについて→(東洋経済)
EDについて→(ウィキペディア)
ED海外通販→(お薬レスキュー119)

 

 

PAGETOP