勃起不全EDでお悩みの方へ

シルデナフィル「バイアグラ」

ED治療薬シルデナフィル「バイアグラ」

商品詳細

バイアグラは、世界で初めて勃起不全症、EDの治療のために開発されました。 1998年に米国で誕生しました。 そのユニークな名称から日本国内での知名度は非常に高いものとなっており、男性にとっては身近に感じる魅力的な薬であります。 ちなみにバイアグラのネーミングは「VITAL=活力」と「NIAGARA=ナイアガラの滝」の2つの単語を組みさわせた造語で、ナイアガラの滝のような男性の精力が現れることを願ってその命名されたとのことです。 米国で発売が開始された当初から凄まじい評判で、その人気がまたたく間に全世界へと駆け巡ると日本国内でもすぐにTVや週刊誌などで報じられて知られるようになりました。現在日本国内で製造されるバイアグラは25mgと50mgの2種類。海外で製造される正規品は100mgも販売されています。

 

 

使用方法、服用方法

バイアグラの用法としては、性行為に及ぶ1時間程前に水で飲用してください。 空腹時であれば30分ほどで効果が生じます。 食事をされる方は、空腹時本薬品を服用していただき、成分を体内に吸収させてください。 食事の前後でも構いませんが、効果が薄れることがございます。持続時間については、4~5時間と言われています。 服用する際には、水若しくはぬるま湯で服用してください。 適度なアルコールはリラックス効果が期待できますが、飲み過ぎは効果が出ない事がありますのでご注意下さい。

 

 

注意事項、副作用

頭痛・顔のほてり・動悸・頻脈・紅潮・充血・鼻づまりといったEDの治療薬ならではの副作用があります。それとは別にバイアグラ特有の副作用もみられます。主に目立って現れるのが「視界」に関する副作用です。周りがまぶしく見えたり、目の前に薄いピンクや青色のフィルターがかかったかのような「青視症」を患うことが考えられます。心配な場合は医者とよく相談の上、使用頂くようにお願いいたします。 男性のED治療薬ですので、女性の服用はお控えください。 高温、湿気の多い場所での保管は避け、お子様の手の届かない場所に保へ管してください。

 

 

併用注意・禁忌

バイアグラを服用するに当たって、下記のいずれかの症状に該当する場合はご使用いただけません。硝酸剤あるいは一酸化窒素供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アルミ、硝酸イソソルビドなど)を服用している方。過敏症の方、心血管系障害等により、性行為自体が不適切と見なされる方。最近6ヶ月以内に心筋梗塞・脳梗塞・脳出血を経験した方。低血圧(90/50mmHg以下)の方。高血圧(170/100mmHg以上)の方。重度の肝障害(肝硬変)の方。網膜色素変性症(進行性の夜盲)の方。また、バイアグラは原則1日1錠までとなっておりますので、効果を体感できなかったからと言って自身の判断で服用量を増加することは控え、医師に相談することに注意しましょう。

 

 

EDについて →(バイエルBAYER)
EDについて→(東洋経済)
EDについて→(ウィキペディア)
ED海外通販→(お薬レスキュー119)

 

 

 

 

2017年12月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGETOP