勃起不全EDでお悩みの方へ

アバナフィル(Avanafil)について

  • HOME »
  • アバナフィル(Avanafil)について

 

アバナフィル(Avanafil)とは

アバナフィル(Avanafil)アメリカに本社を置くVivus社が製造販売するED治療薬で商品名はステンドラです。このアバナフィル(Avanafil)という成分は日本の田辺三菱製薬が、即効性があり副作用の少ないED治療薬として開発を進めていましたが、製造・販売権をVivus社に譲渡したという経緯があります。このアバナフィルはED治療薬として欧州では2012年に「SPEDRA」、韓国では2011年に「ZEPEEDRA」の商品名で販売されています。第4のバイアグラとも呼ばれ、効き目が早く、持続時間も長く、食事の影響も受けないとマルチなED治療薬として期待されています。

 

アバナフィル(Avanafil)の効果

アバナフィルはバイアグラの成分であるシルデナフィル、レビトラの成分であるバルデナフィル、シアリスの成分であるタダラフィルと同じくPDE5阻害剤に分類されますので作用機序も同様です。
陰茎海綿体に存在し勃起を阻害するPDE5(ホスホジエステラーゼ5)という酵素を選択的に阻害し、陰茎の動脈および海綿体にある平滑筋肉の環状グアノシン一リン酸(cGMP)を増加させる作用があります。
この作用により血管が拡張され、血流量が増えることで陰茎組織への血流も増加し、勃起不全を解消します。

 

 

アバナフィル(Avanafil)の服用

メーカー発表によると服用後30分程、早い場合は15分ほどで効果が出始めます。現在ED治療薬として一番即効性があるレビトラも服用後30分程で効果が出始めますので近い位置づけのED治療薬と言えます。
効果は6時間程度持続するようです。

 

 

アバナフィル(Avanafil)の服用注意

アバナフィル(Avanafil)は他のED治療薬と比較して併用禁忌薬が最も多い薬剤です。
Vivus社のステンドラ公式サイトには服用禁忌として

・不整脈、狭心症または心不全などの持病がある方
・過去6か月以内に心臓手術を受けた方
・低血圧、又は治療による管理のされていない高血圧の方
・変形ペニス形状を有する方
・鎌状赤血球貧血、多発性骨髄腫、白血病など血液細胞に問題がある方
・網膜色素変性症の方
・肝機能障害のある方
・腎機能障害、または腎臓透析を行っている方

また服用禁忌薬として

・ニトログリセリンなどの硝酸薬
・リトナビル(ノービル)、インジナビル(クリキシバン)、サキナビル(インビラーゼ)、アタザナビル(レイアタッツ)、ケトコナゾール・イトラコナゾールなどの経口真菌薬、
・HIVプロテアーゼ阻害剤
・クラリスロマイシン、テリスロマイシン、エリスロマイシンなどの抗生物質
・アルファ遮断薬
・高血圧を治療する薬
・他のED治療薬
等が併用禁忌薬として記載されています。

 

 

アバナフィル(Avanafil)の副作用

・頭痛
・顔のほてり
・動悸
・頻脈
・紅潮
・充血
・鼻づまり
といったEDの治療薬ならではの副作用があります。ただし、これらの症状は薬の効果の発現のシグナルとも言えますので、過渡な心配は不要です。また、男性のED治療薬ですので、女性の服用はお控えください。 高温、湿気の多い場所での保管は避け、お子様の手の届かない場所に保へ管してください。

 

 

EDについて →(バイエルBAYER)
EDについて→(東洋経済)
EDについて→(ウィキペディア)
ED海外通販→(お薬レスキュー119)

 

 

PAGETOP