勃起不全EDでお悩みの方へ

お知らせ

タポキセチンについて解説します!

  早漏防止薬として、有名なタポキセチン。もともとはうつ病の治療薬として使用されていてきました。 様 …

新しく、アバナフィルについてのページを作りました。

第4のバイアグラと言われるアバナフィルについて、まとめましたので、良かったら読んでみてください。 効果の発現が …

 

勃起不全EDとは

勃起不全EDとは、「勃起機能の低下」を意味する英語「Erectile Dysfunction」の略語です。医学的に専門用語でいうと「性交時に十分な勃起が得られないため、あるいは十分な勃起が維持できないため、満足な性交が行えない状態」となります。わかりやすく言うと、勃起が出来ない、中折れする、強度がイマイチなど、満足いく性行為が出来るだけの勃起にならない状態は、いずれも勃起不全EDなのです。
勃起不全 EDはよく性機能障害SDと混同されがちですが、性機能障害SDは「性欲、勃起、性交、射精、オーガズムの一つでも欠けるか不十分なもの」と定義されており、EDはSDの一つに過ぎなません。加えて広義での「男性不妊症」と間違われやすいですが、現在は男性の体内からの精子採取による人工授精などが可能となっており、また、不妊症は「正常な性行為を一定期間続けても妊娠に至らない」ケースをいうので、正常な性行為を行うこと自体がが困難な勃起不全EDは正しく言えば男性不妊症にはあてはまりません。

 

 

勃起不全EDは身近な病状

2000年以前に行われた勃起不全ED調査によると、中程度度ED「たまに勃起、性交中勃起はキープできる」と、重程度ED「勃起出来ずに性行為が不可能」の日本人成人男性は、約1130万人でした。世代毎に見ると、なんと日本人成人男性の40歳代の5人に1人、50歳代の2.5人に1人、60歳代の1.7人に1人が中程度以上の勃起不全EDという結果でした。成人男性にとって、勃起不全EDは身近な病状なのです。

 

 

勃起不全EDになる理由「血管が不健康」

ある大学の調査によると、20歳から60歳、平均40歳の150人のうち、ごく軽度な状態も含めると約50%が勃起不全EDと診断されたデータがあります。現実には「それほど重症といえない」「衰えているのは疲れているだけ」「誰かに相談するのは恥ずかしい」等と、自身の病状として自覚していない方が多いようです。しかしここ数年、「勃起不全EDは身体の全身の血管の健康状態を示す指標」という捉え方が急激に広まっっているみたいです。
陰茎動脈の細い血管の障害によって勃起不全EDは発症します。そのままの状態の生活習慣を続けていると、数年後には動脈硬化が進行し、より思い病状が出現する恐れもあります。 実際に、アメリカでの勃起不全ED男性を対象とした調査結果でも、勃起不全ED男性が高血圧や脂質異常症などの生活習慣病を合併している割り合いは非常に高く、その先の循環器系疾患の発生率が割に高いという結果がでているみたいです。「勃起不全EDは全身の血管障害の中でひときわ早く現れるもののひとつで、自身で認識できる症状の一つだと言えます。数年後の健康状態を考えて早急に治療する必要があるといえそうです。

 

 

加齢と勃起不全ED

一般的に考えて年齢別にみた場合、若年層より老齢層の方が、性行為自体の頻度は減少します。無論、性行為の有無・減少は勃起不全EDを始めとする性機能障害のみが原因とも断言できませんが、テストステロンの合成はいずれにせよ老齢になると抑制されていき、精巣にも若干の萎縮が認められ、海綿体平滑筋の充分な弛緩もままならなくなります。 また、老齢者を対象に行われた性欲調査では約90%弱の男性が性欲が「ある」と答えています。以前日本のある老人クラブ会員の60歳以上の男性を対象に行われた調査では、性欲を持つ者が約90%程度、性行為自体をを望む者が50%前後となっており、性欲そのものについては老いてもなお持ち続けているというデータがあります。 なお、老齢の女性も老人性膣炎、膣萎縮症、また子宮の萎縮によるオーガズム時の痛みなどにより性交渉が困難となることが分かっていますが、エストロゲンなどの投与により改善の可能性があるといわれています。

 

 

勃起不全EDと死の危険性

男が勃起をしているとき、陰茎の中にでは一酸化窒素が発生しています。しかしながら内臓脂肪蓄積・耐糖能異常・高脂血症・高血圧など、生活習慣病を患っている男性では一酸化窒素が発生しにくくなっているのです。また陰茎は血管と同じ平滑筋という筋肉のかたまりなのですが、生活習慣病になるとその筋肉も影響を受けています。勃起ができない、勃起力が弱いということは、血管を含めて身体のどこかに異常が見られるということであり、勃起不全は死の前兆であるとも言えます。逆に健康的な身体を保てば、勃起機能はいつまでも保持することが可能となり、長生きの秘訣とも言えそうです。加齢に伴い男性ホルモン(テストステロン)が低下することにより、男性はさまざまな不具合に陥ります。「加齢男性性腺機能低下症候群」と呼ばれますが、骨粗しょう症、筋力低下、認知力低下や、高脂血症・高血圧による動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中、また排尿障害、鬱症状が出現し、男性として大変重要な性機能の性欲・勃起・射精も低下します。

 

EDについて →(バイエルBAYER)
EDについて→(東洋経済)
EDについて→(ウィキペディア)
ED海外通販→(お薬レスキュー119)

 

 

PAGETOP